サービス

舞台あれこれ

【揚げ】(あげ)
直角二等辺三角形の形をした平台
由来は油揚げの形から
【白禄】(びゃくろく)
階段で言えば1段目のみの踏み台
主に踏み面が1尺(303m/m)で蹴上げは7寸(212m/m)幅は3~6尺(909~1818m/m)
【陸すっぽん】(おかすっぽん)
小型の迫(せり)。迫自体は舞台機構に含まれる為に道具として作られる事は無いが道具の一部に迫が欲しい時に製作される。
例:二階の床から迫を使って道具・役者を見せなくしたい時
機構の迫と違い移動も自由、大きさもお好みに出来るが安全面で人手が必要となる。
【馬足】(うまあし)
平台を任意の高さにする為の足
スチールデッキに使う足は馬足とは言わずに「足」と言う。
【鏡】(かがみ)
普通のミラーの事、若しくはセットにおいて奥が見切れる時に使うパネル状の壁の事。
由来は能舞台の鏡板(かがみいた)から
【中割り】(なかわり)
舞台を上から見て客席側と舞台奥側のほぼ中央にバトンを利用にて吊るされるカーテン状の幕
商業演劇ではほぼ100パーセント黒色の布が使われる。
レールとランナーにより舞台の中央から上手と下手に両開きする様からこう呼ばれる。
【箱馬】(はこうま)
W=1尺 D=1尺1寸 H=6寸 の木製の箱
古典的な物であるがいわゆる1つの「ユニット」で汎用性は高い
馬足の代わりにしても良し、ベニヤを貼って白禄の代わりにしても良し。
【殴り】(なぐり)
一般でいうトンカチ。舞台槌とも言う。玄翁と違い片方は釘抜きの形状をしている。
日曜大工で使用する木工用ハンマーと違い楔の位置に特徴がある。
【根木】(ねこ)
舞台の立て込みに使う木っ端の総称。
【ガチ】(がち)
鎹(かすがい)の現場用語。ホチキスの針を10倍にしたような代物
リユース可能でかつては平台同士、馬足等との接合に用いた。弊社においては現在は使用していない。
【支木】(しぎ)
袖パネルを大道具さんが飾る時に使用するつっかえ棒の事。鉄製のウエイトとセットで使う。
小屋によっては先端が螺旋式になっていて直接床に固定する物も。
弊社では絶滅危惧種。
【上敷き】(じょうしき)
幅3尺のロール状の茣蓙。和物芝居の室内セットの時の床に敷いたり袖幕、文字を吊り替えたりする時に幕が汚れないように敷いたり片付ける時の仕草で大道具のキャリアが分かる色々便利な代物。
【C.A.D.】(きゃど)
筆者はcomputer assisted drawing(コンピューター アシステッド ドローイング)だと理解していたがwikiによれば他にも意味があるらしい。唯の製図用具です!
対儀語:手書き図面
【引き線】(ひきせん)
仕掛けを動かす為の紐。綿ロープ・クレモナロープ・ワイアー等を用いる
【矩をとる】(かねをとる)
直角を視る事 建築用具に指矩(さしがね)がある。
【ドロップ】(どろっぷ)
演目の情景に合わせた背景を布などに描いた幕のこと。
【禄をとる】(ろくをとる)
水平を保つことを言う。

▲ページの先頭へ